• 神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会

神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会

TEL046-822-8810

〒238-8580神奈川県横須賀市稲岡町82

神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会
神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会
  • ベストアンサー:0
  • Q&A回答:0

● 理事長 メッセージ

本学は、1910年(明治43年)東京神田大岡山を建学の地とする東京歯科医学講習所に始まり、その建学の精神を今日まで継承している103年の歴史を有した歯科医学教育機関です。現在、学校法人神奈川歯科大学として、歯学部歯学科、短期大学部歯科衛生学科・看護学科を併設し、神奈川県横須賀市および横浜市に開学しています。

悠久の時を経て受け継がれてきた建学の精神である“生命に対する畏敬の念”に込められた教育理念は、単に専門知識や技術の習得のみではありません。そこには、すべてのものに対する“慈しみの心”を養い、培うもう一つの壮大な世界観が含まれています。 それは、人として最も小さな単位である自分自身から家族、兄弟、友人、隣人、引いては生きとし生けいるもの、はては森羅万象に対する慈しみの心を専門知識や技術の習得を通して学び取ることを意味します。 すなわち、物事の正邪を判別することのできる内面的な精神活動能力を高める教育であり、“知”と“愛”とのバランスのとれた人にやさしい医療人の育成にあります。また、本学は“健康長寿社会を支えるプロフェッショナル組織”を目指すことを将来ビジョンとしています。 それは日本国内に留まることなく、世界のグローバル化という時代の潮流に対応したものでなくてはなりません。そこで、3年前よりアジア地域全体を対象とした国際歯科医療教育機関としての役割を担うべく、積極的に留学生の受け入れを開始しています。現在50名近いアジアからの留学生が、横須賀本校を学び舎として歯科医学の研鑚を積んでいます。本学は、異文化交流を通してボーダレス時代に対応できる国際的医療人の育成をも目指します。

歯科医院名 神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会
所在地 〒238-8580 神奈川県横須賀市稲岡町82
電話番号 046-822-8810
HP、ブログ http://www.kdu.ac.jp/
担当者名 河田
各種免許・番号など
可能な治療内容 歯科全般
対応地域 神奈川県全市
支払い方法の対応 現金、各種クレジットカード
お問い合わせをする お問い合わせはこちら

関連医師

大野晃教
  • ベストアンサー:0回
  • Q&A回答:0
医師名
:大野晃教
医院名
:神奈川歯科大学
専門分野
:補綴
所属
:補綴

「神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会」

三宅真次郎
  • ベストアンサー:0回
  • Q&A回答:0
医師名
:三宅真次郎
医院名
:神奈川歯科大学
専門分野
:口腔科学
所属
:矯正

「神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会」

小泉創
  • ベストアンサー:0回
  • Q&A回答:0
医師名
:小泉創
医院名
:神奈川歯科大学
専門分野
:口腔科学
所属
:矯正

「神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会」

大塚剛郎
  • ベストアンサー:0回
  • Q&A回答:0
医師名
:大塚剛郎
医院名
:神奈川歯科大学
専門分野
:口腔科学
所属
:矯正

「神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会」

河田俊嗣
  • ベストアンサー:0回
  • Q&A回答:0
医師名
:河田俊嗣
医院名
:神奈川歯科大学
専門分野
:口腔科学
所属
:矯正・歯の移植

「神奈川歯科大学 患者様からの質問に真摯に答える会」

PR

● 学長メッセージ

現在、日本社会はグローバル化とともに超高齢社会、知識基盤社会に対応すべく大きな変革期にある一方、 日本の高等教育はユニバーサル化の時代を迎え、新しい世代をどのように形成していくのかが問われております。 歯科界においては、口腔機能の全身への影響が明確になるにつれて、歯の長期保存やかみ合わせの大切さが叫ばれ、 新しい治療法や医療技術の開発研究が展開されております。

このような変革の時期にあり、社会から求められている医療系専門職業人像は、 最先端の知識や技術のみでなく患者さんへの思いやりや温かな心を持った人間性豊かな医療人であります。このような背景を踏まえると、 これからの医療専門職業人教育は知識力と人間力を両輪とする高度な専門職としての医療人養成が必要であると考えられます。

神奈川歯科大学は、その前身である東京女子歯科医学講習所を創立して以来100年以上の歴史をもっております。 本学は、この歴史的歩みのなかで、医療界に多くの優れた人材を輩出してきた教育力と歴史に裏付けられた建学の精神、さらに社会から求められている教育方針に沿って、 新時代の歯科医療を担う人材の養成を目指しています。


歯学部の教育課程の特色
1,2年次の早期に将来の職業をイメージするため基礎研究室や病院見学、 臨床歯科医療の基礎実習を体験することや小グループ制の問題解決型の学修を取り入れ、自立学修に力を入れております。4年生前期までにはほとんどの基礎系、 臨床系科目が終了し、後期には基礎と臨床を統合した講義が組まれ、基礎医学の知識と臨床医学との融合を目指した講義を行うようにしています。さらに5年生からは、 実際の患者さんと接することができる臨床参加型の実習を早くから取り入れています。 本学附属病院、附属横浜クリニックには内科、外科、耳鼻科、眼科、皮膚科などの関連医科の診療科を設け、 卒前、卒後の臨床実習を通して歯科と医科とのチーム医療が実践できるように配慮し、口腔医学を実践できる歯科医師の養成に取り組んでいます。 また膨大な歯科医学の知識や技術を着実に履修できるように1年を5学期に分割し、短期間に少ない科目を集中して学び単位を履修していくという教育システムをとっております。 さらに繰り返し学修や補完教育を可能にするe-learningによる学修コンテンツも準備しております。


歯科衛生学科、看護学科の教育課程
医療・歯科医療を支える高度な専門職業人として要求される知識・技術・態度を身につけるために、 講義、演習、グループ学修、実習、臨床実習など多彩な学修形態を取り入れ自ら考え主体的に学ぶことができるよう編成されています。 歯科衛生士、看護師になるためには国家試験をパスしなければならないというハードルがあります。 学生一人ひとりのもつ能力を最大限に引き出し、それを伸ばし、社会に貢献する医療系専門職業人養成を目指して教職員一丸となって皆さんを支援していく体制をとっております。


これから医療系専門職業人をめざして歩み出そうとする皆さんが、神奈川歯科大学で充実したキャンパスライフを過ごし、 これからの社会が期待する立派な医療人として成長されることを心から願っております。

初診までの流れ

1
電話、メールにてお問い合わせ
2
内容を確認し質問事項等をスタッフが送信
3
内容を確認頂き返信
4
ご来院いただいて診察となります